国民健康保険

国保の人間ドック費用の一部助成

●平成25年度人間ドック助成事業について

 高松市では、高松市国民健康保険の加入者に対して、人間ドックの受診費用の一部を助成することにより受診を促進し、病気の発生予防・早期発見による重症化の防止等を図り、加入者の健康保持を図ることを目的として、人間ドック助成事業を実施しています。
 この助成事業について、平成25年3月1日から3月19日まで申請受付を行いましたが、未だ助成枠に余裕がありますので、先着順により引き続き申請を受け付けます。

●助成額・追加助成見込者数
項  目 1日コース 1泊2日コース 脳ドック
助成額
15,000円
25,000円
20,000円
※受診する人は、助成額を差し引いた金額を医療機関の窓口でお支払いください。
(参考)
申請受付状況をもとに算定した追加助成見込者数(平成25年3月19日現在)
項  目 1日コース 1泊2日コース 脳ドック
追加助成見込
740人
230人
160人

●対象となる人

次の要件をすべて満たす人です。
1.満40歳以上(平成25年4月1日現在)75歳未満で、高松市国保に加入している。
 なお、平成25年4月1日から平成26年3月31日までに75歳になる人は、75歳の誕生日から後期高齢者医療制度に加入することになりますので、誕生日以降に受診する場合は、この助成制度の対象となりません。
2.納期限の到来している保険料(税)を完納している。
 なお、人間ドックの検査項目に、国保が実施する『特定健康診査』の検査項目がすべて含まれている場合、その人間ドックの助成対象者は特定健康診査の受診はできません。
 ※平成20年度から、高松市国保では、生活習慣病に関する健診(特定健康診査)と、その結果に基づく保健指導(特定保健指導)を実施しています。人間ドックの検査項目が特定健康診査の検査項目をすべて含んでいる場合は、特定健康診査を受診したこととされ、受診結果は高松市国保において、特定保健指導に活用することとなりますので、ご了承ください。

●申請方法

助成枠に達するまで、先着順により申請を受付します。
・申請場所 国保・高齢者医療課 国保給付係(市役所1階F番窓口)又は支所・出張所
・必要なもの 国民健康保険証(申請日現在で有効なもの)、印鑑、申請日以前の10日以内に保険料(税)を納付した場合は、その納付を確認できる領収書等
※申請及び助成は、平成25年4月1日から平成26年3月31日までの人間ドック受診を対象とし、1人につき、1日コース、1泊2日コース、脳ドックのいずれか1回に限ります。

<キャンセル待ち>
 助成枠に達した後は、キャンセル待ちを受け付け、キャンセルの申出があり次第、国保・高齢者医療課から連絡します。

●申請、受診等の手順

1.申請を希望する人は、上記の助成対象者の要件を確認の上、指定医療機関(下表参照)で、人間ドック受診の予約をします。
2.上記の申請方法により助成の申請をします。
3.助成対象要件の確認後、助成対象者を決定し、国保・高齢者医療課から速やかに人間ドック受診票の送付等を行います。
4.人間ドック受診票と国民健康保険証を持参の上、予約した医療機関で受診します。

高松市指定医療機関名簿

  指定医療機関のうち、「香川県立がん検診センター」と「香川県立中央病院」については、平成26年4月に「香川県立がん検診センター」が「香川県立中央病院」に統合され、「新香川県立中央病院」として開業(移転)予定です。つきましては、「香川県立がん検診センター」は26年1月末まで、「香川県立中央病院」は25年11月末までの実施予定となっておりますので、当該医療機関への受診を希望される方々は、人間・脳ドックの実施期間に御注意ください。
 
 受付は、市役所1階の国保・高齢者医療課国保給付係7番窓口のほか、支所・出張所でも行っています。
 詳しくは、国保・高齢者医療課国保給付係へお問い合わせください。


もどる

↑このページの上へ