駒立岩(こまだていわ)〔源平屋島合戦古戦場〕

史跡

指定区分   市登録史跡

登録年月日 平成18年10月10日

所在地    牟礼町牟礼 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 祈り岩の北西数10歩の川中にある巨石で、潮が引くと頭を出す。石標に「こま立石」とある。那須与一がこの石上に馬を止めて、扇の的を射たといわれている。与一宗高は、下野国の住人で資隆の第11子、射術をよくするので、源義経は衆中から選出して扇の的を射させた。宗高は命を承り、見事扇の的を射て、味方だけでなく敵方平氏からも喝采をうけ、その名を後世に残した。
 〜 牟礼町2005年『牟礼町誌』より抜粋 〜

写真

↑このページの上へ