祈り岩〔源平屋島合戦古戦場〕

史跡

指定区分   市登録史跡

登録年月日 平成18年10月10日

所在地    牟礼町牟礼 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 県道牟礼・庵治線を八栗から北進して、宮北の旧県道と合する南側角にある。箕輪野鹿の書いた「いの里岩」という石標が、下方の一部を埋めて建てられている。この岩は源平合戦の時、那須与一宗高が扇の的を射ようとして、この岩に向かい、「南無八幡大菩薩、別してはわが国の神明日光権現、宇都宮那須湯泉大明神、願わくはあの扇の真中射させ給えかし」と、神明の加護を祈ったといわれている。
 〜 牟礼町2005年『牟礼町誌』より抜粋 〜

写真

↑このページの上へ