射落畠(いおちばた)〔源平屋島合戦古戦場〕

史跡

指定区分   市登録史跡

登録年月日 平成18年10月10日

所在地    牟礼町牟礼 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 総門の南側の細道を東に数10歩行き、県道八栗・庵治線に突きあたる手前右側にある。佐藤継信が義経の身代わりとなって射落とされたと伝わる場所である。昭和6年(1931)5月、継信公30世の孫佐藤信古が墓所大修築とともに、この地にも柵をめぐらし、池泉をつくり、射落畠碑と遠祖君乗馬薄墨碑を建立してこれを表した。
 〜 牟礼町2005年『牟礼町誌』より抜粋 〜

写真


もどる

↑このページの上へ