久本(ひさもと)古墳

史跡

指定区分   市指定史跡

指定年月日 昭和50年3月13日

所在地    新田町 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 墳丘の盛土はかなり流出してしまっているが、直径36m、周溝を含めた直径は46mを測る円墳であることが判明している。石室は全長10.8m、玄室長4.6m、幅2.6m、高さ3.5m、羨道長6.2m、幅1.6m、高さ2mを測る両袖式の横穴石室で、奥壁には石棚が付いている。この石棚の直下の奥壁に沿って土師質の亀甲型陶棺が納められていた。副葬品には、須恵器、土師器、鉄鏃のほか、承盤(しょうばん)付銅椀があり、6世紀末から7世紀初頭頃に築造されたと考えられる。
 石棚付石室、土師質亀甲型陶棺、承盤付銅椀はいずれも県内唯一のものである。石棚付石室は和歌山県や九州北部に多く分布するものであり、その伝播には紀氏およびその同族関係氏族との関連性が関わったとする説がある。また、土師質亀甲型陶棺は奈良県に類例があり、久本古墳の陶棺も奈良県からの搬入品である可能性が高い。本来仏具として使用される貴重な銅椀を有することからも大和朝廷との関係も注目される。
 なお、「村の祭事には塚(古墳)が膳や椀を貸してくれたが、あるとき村人が借りた膳椀を返さなかったところ、以後貸してくれなくなった」という民話が残っており、地元では「椀貸塚」とも呼ばれている。

写真


もどる

↑このページの上へ