東赤坂(ひがしあかさか)古墳

史跡

指定区分   市指定史跡

指定年月日 昭和61年3月31日

所在地    香川町浅野 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 この古墳は、古墳時代後期(6〜7世紀) につくられ、内部主体として横穴式石室をもつ。墳丘の上部が墓地になっていることもあり、外形は比較的形状をとどめており、円墳と想定される。山裾とはいえ平野に入った所に独立して墳丘を営んでいることや、内部に巨石を用いていることなどから、族長クラスが古墳を造るようになった古墳時代後期の中でも、かなり大きな権威をもつ豪族が葬られたと考えられる。なお、第2次世界大戦中は防空壕として使用されていた。
 玄室は、中央部で幅2.3メートル、玄門や奥壁ではやや狭くなっている。奥行は3.6メートル、高さは2メートルを測る。側壁は上部に行くにつれ徐々に内側にせり出し、巨石3枚が天井石として載っている。
 羨道は、玄室の天井より1メートル近く低くなっていて、幅は入口付近で1.2メートル余り、玄室に近づくと1.3メートルとやや広がりをもっている。長さは現状で2.7メートルほどあるが、基底部の様子からまだ外に延びていたと想定される。玄室の入口は北壁で0.6メートル、南壁で0.13メートルすぼまるが、両側の関係に隔たりがあることから、片袖式に近い形状を示している。なお、出土品は知られていない。

写真


もどる

↑このページの上へ