古宮(ふるみや)古墳

史跡

指定区分   市指定史跡

指定年月日 昭和63年3月4日

所在地    鬼無町 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 高松西高校南の谷間にあり、県内でも大型に属する古墳時代後期の横穴式石室墳である。6世紀末から7世紀前半にかけて、全国的に大規模な石材を使った横穴式石室をもつ墳墓が築かれた。石室は遺体を葬る玄室(げんしつ)と玄室に至る羨道(せんどう)に分けられる。
 古宮(ふるみや)古墳の羨道(幅1.58メートル)は破壊されているが、玄門(幅1.46メートル)から奥の玄室(幅2.03〜2.14メートル、長さ6.00メートル、高さ2.90〜3.20メートル)は非常に良好に残っている。ダイナミックな石組は技術の高さを物語っている。
 昭和59年、香川大学の調査で石室の規模がわかり、副葬品の一部が発見された。すでに盗掘を受けていたが、土器と共に、鉄地金銅張鞍金具の破片が出土した。石室の規模や出土遺物から、被葬者は相当の権力を持っていたとみられる。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ