勝賀城跡

史跡

指定区分    市指定史跡

指定年月日  昭和55年8月6日

所在地     鬼無町、中山町 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 鎌倉時代から戦国時代の約360年間、笠居郷(鬼無、香西、下笠居地区)を本拠に活躍した香西氏歴代の牙城(がじょう)である。麓には里城として佐料城跡、藤尾城跡(市史跡)がある。
 城の主要部は台地状の山頂部南寄りにあり、頑丈な土塁に囲まれた本丸跡は、南北60メートル、東西30〜40メートルの平場。その東南に木戸口が開かれ、北辺の土塁の食い違い虎口(こぐち)(通路)で二の丸の4郭(くるわ)に連絡、東に下がって三の丸の二郭につながる。外縁をさらに土塁がめぐり、腰巻きの石垣を築き頑丈さを増し、高低差、折れひずみ、枡型(ますがた)などで守備効率を高めている。京都にまで聞こえた香西氏の実力がしのばれる城構えである。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より一部抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ