今岡(いまおか)古墳

史跡

指定区分   県指定史跡

指定年月日 昭和32年4月20日

所在地    高松市鬼無町 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 高松市の西部、本津川流域を見下ろす全長60.5メートルの前方後円墳で、古墳時代中期(5世紀頃)に造られたと考えられている。この古墳の特色は、埴輪(はにわ)が多く使われていることがあげられ、筒型をした一般的な円筒埴輪はもちろん、家形や蓋(きぬがさ)等の形象埴輪も多く採集されている。
 また、古墳には河原石が散乱しており、古墳全体を石で敷きつめる葺石の名残りと考えられる。昭和39年(1964)には、前方部から、全国的にも類例を見ない組合式(くみあわせしき)陶棺が発掘され、若い女性とみられる人骨とともに、鏡や玉類が出土した。
 東の方に立地する石清尾山古墳群と比べ、葺石で墳丘を飾り、多量の埴輪が立てられた今岡古墳は、当時の中心地であった近畿地方の強い影響を受けていると考えられている。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ