公の施設の指定管理者制度

公の施設

  「公の施設」とは、地方自治法第244条第1項において、「住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設」と定義されおり、おおむね次の要件を満たす施設です。
1 施設を設置した普通公共団体(高松市)の住民の利用に供するためのものであること
2 住民の福祉を増進する目的で普通地方公共団体が設置したものであること
3 法律または条例に基づき設置されたものであること

公の施設の例としては、次のようなものがあります。
1 体育施設     体育館、プ−ルなど
2 教育文化施設  美術館、図書館、コミュニティセンタ−など
3 社会福祉施設  老人福祉施設、児童福祉施設、保育所など
4 公営企業     上・下水道、公立病院など
5 その他       公園、駐車場など

指定管理者制度

  地方自治法の一部を改正する法律(平成15年法律第81号)の施行に伴い、これまで公の施設の管理委託先が公共的団体等に限られていたものが、民間事業者及びNPO法人等を含めた幅広い団体に委任することが可能となる指定管理者制度が新たに設けられました。
  指定管理者制度とは、多様化する市民ニーズにより効果的、効率的に対応するため、公の施設の管理に民間の能力を活用しつつ、住民サービスの向上を図るとともに、経費の節減を図ることを目的としており、地方自治法に基づく公の施設の管理について、市議会の議決を経て指定される指定管理者に委任する制度です。

指定管理者の募集及び決定について

【指定管理者の募集】

【指定管理者候補者の決定】

指定管理者導入施設に対する評価結果等について


もどる

↑このページの上へ