被保険者について

介護保険の加入者(被保険者)

 高松市内に住所を有する40歳以上の人は、高松市が運営する介護保険の加入者(被保険者)となります。
 被保険者は、年齢によって第1号被保険者(65歳以上)と第2号被保険者(40歳以上65歳未満)に分けられます。
 ※高松市外の介護保険施設や養護老人ホーム等に入所(入居)することによって、当該施設等に住所を変更をした人(住所地特例者)も含みます。

区分 第1号被保険者 第2号被保険者
対象者 65歳以上の人
※65歳到達するのは、誕生日の前日です。
40歳以上65歳未満の医療保険加入者
※40歳到達するのは、誕生日の前日です。
介護サービスが利用可能な方  介護が必要であると認定された人 老化が原因とされる特定疾病(※下記の16疾病)により介護が必要であると認定された人。
介護保険料の算定  本人所得、世帯の市町村民税の課税状況等によって段階別に設定。 加入している医療保険(健康保険)の保険料算定方法により設定。
介護保険料の納め方  原則、老齢・退職年金、障害年金、遺族年金が年額18万円以上ある人は、年金から引き去りになります。
ただし、年金からの引き去りできない場合は、納付書により納めます。
医療保険(健康保険)の保険料と一緒に納めます。

 特定疾病とは、加齢に伴って生ずる心身の変化に起因する疾病であって、次の16種類の疾病、疾患症候群が政令で定められています。

16の特定疾病
NO 特定疾病候補  含まれる疾病
 1 がん【がん末期】
 2 関節リウマチ
 3 筋萎縮性側索硬化症
 4 後縦靭帯骨化症
 5 骨折を伴う骨粗鬆症
 6 初老期における認知症 アルツハイマー病
ピック病
脳血管性認知症
クロイツフェルト・ヤコブ病 
など
 7 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底
核変性症及びパーキンソン病
【パーキンソン病関連疾患】
 8 脊髄小脳変性症
 9 脊柱管狭窄症
10 早老症
11 多系統萎縮症 シャイ・ドレーガー症候群
オリーブ橋小脳萎縮症
線条体黒質変性症
12 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症
及び糖尿病性網膜症
13 脳血管疾患 脳出血
脳梗塞 など
14 閉塞性動脈硬化症
15 慢性閉塞性肺疾患 肺気腫
慢性気管支炎
気管支喘息
びまん性汎細気管支炎 
16 両側の膝関節又は股関節に
著しい変形を伴う変形性関節症

被保険者証について

介護保険被保険者資格に異動等があった場合

↑このページの上へ