木造千手観音坐像

彫刻

指定区分   重要文化財

指定年月日 昭和30年2月2日

所在地    屋島寺(高松市屋島東町1808) 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 屋島寺は、唐僧鑑真(がんじん)の開基、その弟子恵雲律師の創建と伝えられる。この千手(せんじゅ)観音ほど貞観(じょうかん)仏らしい仏も少ない。いかついお顔にがっしりした躰躯(たいく)、当時の光背(こうはい)をつけたまま千年の間座り続けておられる。どこからみても頼もしい貞観仏である。
 頭上の一部の化仏(けぶつ)や持物(じもつ)を除く外は、当初のお姿そのままである。千手観音は榧(かや)の一木造りで、内袴(うちぐり)のない丸彫(まるぼ)り像である。お顔は切長の目、短くて大きい鼻、分厚い唇、太くて短い首、躰は肥満で力強い。吉祥坐(きっしょうざ)に結跏趺坐(けっかふざ)するお姿は、真言密教の本尊としてまことに似つかわしい。目鼻立ちや衣文など細部の彫り口には穏やかさが見られる。その造像は10世紀にはいった頃であろう。その頃の千手観音坐像の一典型として重要な作例である。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ