刀 無銘 伝江義弘(でんごうよしひろ)〔号芦葉江(ごうあしばごう)〕

工芸品

指定区分   県指定有形文化財

指定年月日 平成11年6月22日

所在地    高松市歴史資料館(高松市昭和町一丁目2−20)

解説
 「芦葉江(あしばごう)」は名匠郷義弘作と伝えられる名刀であり、鎌倉時代から讃岐の豪族であった古高松(現、高松市高松町)の揚家に古くから伝えられていたものである。長さ71.5センチ、反り2.6センチ。
 郷義弘は、鎌倉時代末期の刀工、越中国松倉(今の富山県魚津市)の住人で相州五郎入道正宗に師事したといわれ、天下三作として粟田口吉光、五郎正宗、郷義弘が挙げられている。また、郷義弘と認定された刀にはそれぞれ号が付けられ、この刀が「芦葉江」と呼ばれる由来は、安土桃山・江戸前期の大名、細川三斎がこの刀を歌った短冊「難波江のうどのの里に来て見ればあしとは見えぬ義弘の太刀」から「芦葉江」と呼ばれるようになった。

写真


もどる

↑このページの上へ