青貝微塵塗鞘(あおがいみじんぬりさや)及び大小拵(だいしょうごしらえ)

工芸品

指定区分   県指定有形文化財

指定年月日 昭和46年4月30日

所在地    香川県立ミュージアム(高松市玉藻町5−5)

解説
 大刀の総長、100センチ。小刀の総長、78.2センチ。青貝を細かなちり状にしたものを、刀の大、小の鞘(さや)に塗り込んだものである。また刀の拵(こしらえ)の小柄(づか)(刀の鞘の部分にさしそえる小刀(こがたな)の柄)、笄(こうがい)(刀の鞘の部分にさしそえる髪をかきあげるのに用いるもの)と刀の大、小の縁頭(ふちがしら)(刀の柄の先の部分、そこにつける金具)の彫金の技法はみごとである。銘文にもあるように三谷乗湖斎茂義の一作である。
 高松松平家の家臣政春の孫、同政克の子で、藩工となり、江戸菊岡家に遊学、3年の間魚子打(ななこうち)に専念、魚子の名手と称えられた。魚の卵状の輪形の鏨(たがね)(金工用のノミ)を打ちめぐらしたもので地文に多く用いられる。正倉院の銀壺などにも魚子の使用がみられる。本作の魚子も精巧をきわめ、縁頭の秋草高彫は特にみごとである。寛政から享和ごろ(1789〜1804)の人である。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ