才田(さいた)獅子頭

有形民俗文化財

指定区分   市指定有形民俗文化財

指定年月日 平成16年9月1日

所在地    高松市庵治町才田

解説
 庵治町才田の夏祭り・秋祭りなどの才田岩陰獅子舞に現在も使われている獅子頭である。
 江戸時代後期(1826年頃)額田喜左衛門の作と伝えられ、木彫りで55センチ×30センチ、高さが30センチ、重さ3.1キロあり、讃岐の毛獅子の頭では最古のものと考えられる。

写真


もどる

↑このページの上へ