冠櫻(かんえい)神社の大獅子

有形民俗文化財

指定区分   県指定有形民俗文化財

指定年月日 昭和45年4月28日

所在地    高松市香南町由佐、池西

解説
 香南町の由佐と池西に伝わる大獅子は、県下で最も大きな獅子である。張子の大獅子の頭の大きさは、高さ165センチ、巾180センチ、重さ150キロで、ユタンの長さは13メートルもあり、10数人もの人が中に入って舞う姿は壮観である。秋の祭礼の一つの名物である。
 今では、池西の男獅子に対して、由佐の女獅子と呼ばれ、夫婦獅子のようになっている。大獅子は、伊勢音頭によって囃し立てて練り歩く。

写真


もどる

↑このページの上へ