讃岐及び周辺地域の砂糖製造用具と砂糖しめ小屋・釜屋

有形民俗文化財

指定区分   重要有形民俗文化財

指定年月日 昭和58年4月13日

所在地    公益財団法人 四国民家博物館(四国村)(高松市屋島中町91) 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 讃岐の白糖(和三盆糖)は、天保年間(1830〜44)から生産が増大。大阪市場などで高く評価され、明治初年に舶来糖が輸入されるまで、その位置を確保していた。
 かつて、讃岐平野には砂糖しめ小屋が数多く存在したが、何時とはなく消失してゆく砂糖しめ小屋と、釜屋を四国村へ移築した。
 砂糖しめ小屋の屋根は、円錐形の茅葺きである。円形の内部には、白臼が据わっている。臼の軸から、長い腕木が伸びている。牛2頭が腕木を曳いてくるくる廻ることにより、砂糖きびを締めその汁がたれる。釜屋では、集められた砂糖きびのしぼり汁を煮つめる。土壁には、牛の角のこすり跡も残っている。建物は、慶応年間(1865〜68)のものというが、讃岐の大工の腕も抜群であった。
 その他、砂糖製造用具の一部も展示している。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ