石切り唄

無形民俗文化財

指定区分   市指定無形民俗文化財

指定年月日 昭和57年4月1日

所在地    牟礼町牟礼

解説
 牟礼町と庵治町の境にある八栗山の西麗一帯は、良質の御影石の産地であり、「庵治石」として全国的に有名である。この「庵治石」の歴史は、天正16年(1588)高松城築城開始の頃にさかのぼると云われている。「石切り唄」も、その頃から始まったと云われている。
 石材の仕事は、文化11年〜12年(1814〜15)の屋島神社の造営に伴い和泉から呼び寄せた石工によって栄え、山で石を掘る「石ほり」と、石垣を築く「石づみ」と、彫刻加工の「石ぼり」の3種類であり、いずれも、ノミ・玄翁・タガネによる単調な作業で、そうした中から1人が歌い、もう1人が合伴をして我流で歌われ、自然に口ずさまれるようになったものが「石切り唄」である。
 石を掘る槌に合わせて歌われる石切り唄は、かつてはノミの高い音とともに、石壁と山にこだまし、山裾の家々にまで聞こえ、石工のねじりハチマキをして、力強い労働をしている様子が手にとるように分かり、情緒があったものである。
 しかし、その唄声も昭和30年代以降、作業の機械化とともに聞かれなくなっていったが、石切り唄保存会が結成され、伝承されている。

写真


もどる

↑このページの上へ