女木島(めぎじま)の柱状節理(ちゅうじょうせつり)

天然記念物

指定区分   市指定天然記念物

指定年月日 昭和51年7月3日

所在地    高松市女木町 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 女木島の北峰(鷲(わし)ヶ峰(みね)・標高187メートル)で、洞窟の入口右上方と出口上方に、讃岐岩質(さぬきがんしつ)カンラン玄武(げんぶ)岩のすばらしい柱状節理(ちゅうじょうせつり)が発達している。
 女木島は、標高130〜150メートルまではカコウ岩を基盤(きばん)として、それより上部は、第三紀中新世から鮮新世におこった激しい火山活動に噴出した火山灰や溶岩によってできている。讃岐岩質カンラン玄武岩も溶岩である。この溶岩が五角柱状、まれに六角柱状や不正四角柱状の形で材木を束ねたように並んでいる。これを柱状節理と呼び、溶岩が噴出し、冷却・凝固するときに収縮してできたものである。また、この付近には直径40センチ位の球状の岩塊があり、球面に沿ってタマネギの鱗葉(りんよう)の重なりのように見え、玉葱(たまねぎ)状節理と呼んでいる。この節理は学術上価値が高い。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

 

写真


もどる

↑このページの上へ