太刀 銘元重(もとしげ)

工芸品

指定区分   重要文化財

指定年月日 大正10年4月30日

所在地    香川県立ミュージアム(高松市玉藻町5−5)

解説
 太刀銘は、磨上(すりあ)げた茎(なかご)先に「元重(もとしげ)」の2字が残っている。鎌倉期から吉野朝にかけて出た人で、備前(岡山県)の刀工元重の作である。長さ2尺4寸6分(74.5センチ)、反り7分4厘(2.2センチ)。正徳(しょうとく)元年(1711)の代金七百貫の本阿弥(ほんあみ)家の極書(きわめがき)が付いている。
 元重は相州(神奈川県)の貞宗(さだむね)に師事し、貞宗三哲のひとりに数えられた名工である。この時代は、日本刀が一番大きく長くなった時期であり、後世、磨上(すりあ)げられた無銘元重が多かった。この太刀は2字銘残り、できの上からも元重中の元重である。
 高松初代藩主松平頼重(よりしげ)が紀州初代藩主徳川頼宣(よりのぶ)の死を弔(とむら)ったのに対し、2代藩主光貞(みつさだ)から遺品として贈られたものである。大正9年(1920)松平頼寿(よりなが)は屋島神社へ寄進したが、昭和26年屋島神社からもとの松平家へ返却されたものである。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

太刀の写真


もどる

↑このページの上へ