旧下木家住宅

建造物

指定区分   重要文化財

指定年月日 昭和57年2月16日

所在地    公益財団法人 四国民家博物館(四国村)(高松市屋島中町91) 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
 この家は剣山北側(徳島県美馬郡一宇村)で、周囲は山にかこまれ南斜面を造成した東西に細長い敷地にあった。昭和51年に移築、復元した。屋根は寄棟、茅葺で、東側面に杉皮葺の便所、物置がある。主屋は間口7間(約12.73メートル)、奥行4間(約7.3メートル)、前面に土庇がつき、東側の下屋は杉皮葺の建物である。棟札に「安永十辛丑(1781)三月吉辰日」と墨書がある。
 西方1間半を土間、次の2間を「ナイショ」、次の3間を「オモテ」、東の下屋を押入れ、オモテ後方の下屋に仏壇や押入れがある。各室境に1間ごとに「コキ柱」を立てる。両室とも板敷で、天井は張られていない。オモテ南西隅に流し場、土間寄り中央にカマドを設けてある。外壁は大壁である。2間取の民家は古くは剣山地方にあったが、このように建築年代が明確なものは珍しい。太い梁を組んだ木組の空間構成はすばらしく、棟梁(とうりょう)の技法も魅力的である。
〜 高松市歴史民俗協会・高松市文化財保護協会1992年『高松の文化財』より抜粋 〜 

写真


もどる

↑このページの上へ