小比賀家住宅 主屋 午門 土蔵 米蔵 附土塀

建造物

指定区分   重要文化財

指定年月日 昭和46年6月22日

所在地    高松市御厩町331 「たかまっぷ」で地図を表示する

解説
   小比賀家住宅は、江戸時代を通じて庄屋、大庄屋を務めた屋敷であり、主屋は17世紀前期に建てられたとされる。屋敷構えが家格にふさわしく風格あるものとして主屋、午門(うまもん)、土蔵、米蔵の4棟が昭和46年に国指定の重要文化財に指定されている。また、主屋西側の池泉(ちせん)回遊式の築山(つきやま)庭園は香川県指定の名勝庭園である。
   敷地は東西約70m、南北約85mの広大なもので両側に松を配した馬場の正面に午門(長屋門)を開き、この両脇からでる外周土塀が屋敷の周囲を巡っている。午門の奥に前庭を隔てて主屋があり、背後に土蔵や米蔵が建つ。
   主屋は正面約26.6m、奥行約9.8m、屋根は寄棟造りの茅葺で、四方に本瓦葺の庇、棟には約3.6mの煙出しがある。午門は寄棟造りの茅葺で長さが約35.4mあり、国内最大級である。主屋からみて南(午の方向)にあるため午門と呼ばれている。
   平成25年から27年にかけて主屋、午門、土蔵等の保存修理工事が行われ、あわせて耐震性を高める補強工事も行われた。修理は建物に使われている部材(古材)を可能な限り再利用し、取り替える場合も古い仕様に倣うことで、文化財としての価値を保ち重要な情報や技術を後世に残し伝えるよう行われた。

午門 

重要文化財 小比賀家住宅 午門                 

提供 : 公益財団法人文化財建造物保存技術協会


もどる

↑このページの上へ