介護予防のための教室・講座について

ハツラツ高齢者

介護予防は自らすすんで!

「以前に比べると体力が落ちたな」、「年とともに身体が衰えるのは仕方ない」と思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのまま放置すれば、日常生活の自立が損なわれるかもしれません。
介護予防は早くから取り組むことで、日常生活の自立期間である健康寿命を延ばすことが可能です。

元気いきいき教室について

高松市では介護予防のための教室として、元気いきいき教室を開催しています。
元気いきいき教室では、健康寿命を延ばすために日常生活の中で実施できる内容を学ぶことができます。
【対象者】65歳以上の市民で以下に該当する方
        ・ 要支援・要介護認定を受けていない方
       ・ 総合事業の介護予防・日常生活支援サービスを利用されていない方
       ・ 原則として同一年度内で元気いきいき教室に参加されていない方
【内  容】健康づくりのためのお話と運動
【費  用】無料

自分でできる簡単介護予防講座

 自宅で簡単に取り組める介護予防の方法を紹介する講座です。「ロコモキーパー養成講座」、「高齢者の食事について」、「お口の健康」、「のびのび元気体操体験会」を3回に分けて実施します。
 開催日程、会場は下記をご覧ください。

認知症予防

 平成29年8月29日から9月2日に瓦町FLAG8階、瓦町健康ステーションにて「たかまつ認知症フェア」が開催されます。期間中には認知症予防のための、運動体験、お口のケアと栄養、認知症対策としての地域交流の活性化、テレビゲームで能力アップなどの講座が開催されます。
 お申し込み方法、開催日程や内容については、下のリンクよりご確認ください。

のびのび元気体操体験会

 平成29年度は、簡単介護予防講座のプログラムとして実施します。日程等は上記の簡単介護予防講座をご確認ください。

ロコモキーパー養成講座

 ロコモキーパー養成講座は、香川県よりプログラムと資料の提供を受けて実施しており、受講された方が自身のロコモティブシンドロームを予防する方法を知り、実践するとともに、周りの方にもロコモティブシンドロームについて予防が必要なことを啓発していただく内容となっています。
 平成29年度は、簡単介護予防講座のプログラムとして実施します。日程等は上記の簡単介護予防講座をご確認ください。
 ロコモキーパー養成講座は、市制出前ふれあいトークとしても実施しています。申し込み方法は、下のリンク先をご参照ください。

スロージョギング体験会

 歩くくらいのスピードでゆっくり走る「スロージョギング」は、運動経験のない方でも無理なく行うことができる有酸素運動です。ウォーキングに比べるとカロリー消費が2倍くらい期待でき、脚の大きな筋肉を使うことから、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドローム対策として期待できます。脳の前頭葉の機能が高まることも確認されており、認知症予防についても効果が期待できます。
 
 体験会の日程等は、広報たかまつ、ホームページ等でお知らせします。

◆教室、講座についてのお問い合わせ先◆
高松市地域包括支援センター 介護予防係 電話:087−839−2811

↑このページの上へ