PCB廃棄物

PCB廃棄物

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)は、絶縁性、不燃性などの特性によりトランス、コンデンサといった電気製品等の幅広い用途に使用されていましたが、カネミ油症事件等によりその毒性が社会問題化し、国内では、昭和47年以降その製造が中止されました。
 PCB廃棄物の確実かつ適正な処理を推進するため、平成13年に「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」が施行されました。この施行によりPCB廃棄物等を所有する事業者等には、保管及び処分状況等を届出しなければならないほか、平成39年3月31日までに処分を完了しなければなりません。(なお、高濃度PCB廃棄物の処分期間は、トランス・コンデンサ等については平成30年3月31日までに、安定器等・汚染物ついては平成33年3月31日までにとなっており、その期間内に処分しなければなりません。)

高松市内のPCB廃棄物の処理が始まっています。

PCB廃棄物等の保管及び処分状況等届出

PCB廃棄物等を保管している事業者は、毎年、その保管及び処分状況等について届出が必要です。

補助・融資

・高濃度PCB廃棄物の中小企業等処理費用軽減制度
 PCB廃棄物処理基金及び国庫補助金により、高濃度PCB廃棄物の処分費用が軽減されます。
 中小企業者:70%、個人:95% 

・日本政策金融公庫による融資制度
 日本政策金融公庫によるPCB廃棄物処分関連の融資制度です。

・LED照明導入促進事業
 環境省によるPCB使用照明器具の交換を支援する補助制度です。
 ※平成29年度から3年間の限定です。
 公募の受付は一般社団法人環境技術普及促進協会で行っています。

関連情報

↑このページの上へ