肝炎ウイルス検診

 我が国の肝炎(ウイルス性肝炎)の持続感染者は、B型が110万人〜140万人、
C型が190万人〜230万人存在すると推定されています。又、感染の時期が明確
でないことや自覚症状がないことが多いため、適切な時期に治療を受ける機会がなく
本人が気がつかないうちに肝硬変や肝がんへ移行してしまう場合があります。
しかし、適切な健康管理、治癒で肝炎から肝硬変や肝がんに悪化するのを予防するこ
とが可能です。
 肝炎ウイルス検診を是非この機会に受けてみましょう。

実施期間:
 平成29年7月1日(土)〜10月31日(火)

実施時間:
 各検診実施機関の診療時間内

実施機関:
 高松市内の肝炎ウイルス検診実施機関

※肝炎ウイルス検診の実施医療機関は6月ごろ掲載します。

持参するもの:
 肝炎ウイルス検査受診券、健康保険証

対象者:
 高松市に住民票のある方で 
 ・平成29年4月1日現在 40歳の方(年度内に40歳になる方を含む)
 ・41歳以上で過去に肝炎ウイルス検診を受けていない方

内容:
 問診、採血によるC型肝炎ウイルス検査、B型肝炎ウイルス検査(HBs抗原検査)

自己負担金:
 無料

その他(注意事項等):
 ・受診した検診実施機関で、必ず結果説明を受けてください。
 ・検診当日は、健康保険証を併せてご持参ください


もどる

↑このページの上へ