議会の権限

議会には、高松市の意思を決定する機関として十分な活動ができるように、いろいろな権限が与えられています。その主なものは次のとおりです。

議決権

議会に与えられた権限の中心となるもので、条例の制定・改正・廃止、予算の決定、決算の認定、その他法律などに定められている主な事項を決めます。

選挙権

議長・副議長や選挙管理委員会委員などを選挙します。

検査及び監査請求権

市の事務が議会で決めたとおり行われているかどうか検査したり、監査委員に監査を求め、報告を請求します。

調査権

市の事務に関する調査を行い、必要によっては関係人の出頭・証言、記録の提出を求めます。

意見書提出権

市の公益に関する事柄について、国や県の関係機関及び国会に対し、意見書を提出することができます。

同意権

市長が、副市長・監査委員・教育委員会委員などを選任・任命するときに同意を与えます。


もどる

↑このページの上へ