ペーパーモデル(ペーパークラフト)

文具 

はじめにお読み下さい。

当市消防のペーパーモデルは、子供達だけの手による製作は少々難しいかもしれません。できれば子供達だけで作るよりも、家庭や教育の場などで大人達と消防や救急について話し、教え合って協力することにより「ペーパーモデルの製作」と言う一つの仕事を成し遂げ、それらを通して皆さんの住んでいる地域の消防署・消防団について、そして防災や応急手当について少しでも興味や知識を持って頂ければと存じます。

□ 制作にあたっての注意事項
  ○ 印刷はA4用紙(厚手)とカラーインク対応のプリンターが必要です 。
  ○ 著作権は高松市消防局にあり、ご質問・ご相談などは下記連絡先へお願いします。

準備するもの

1 作るための準備

最初に用意していただくもの
はさみ・液体のり・定規(できれば薄い金属製)

あると便利なもの
ラジオペンチ(大小各1本)・カッターナイフ

切り取り 

2 切り取り

印刷したペーパーモデルを輪郭に沿って切り取って下さい。また複雑な形や小さな部品は、カッターナイフを用いればより正確に切ることができます。
 
 「切り込み」と指示された青色の線があれば、その部分を正確に切って下さい。

折り方 

3 折り方

切り抜いたペーパーモデルの上に定規を当て、直線的に折り曲げてください。一度手前側に折り込んだあとで反対側に折り返せば、容易に折り目をつけることができます。またラジオペンチで挟んで折り曲げれば、複雑な形や小さな部品にも直線的な折り目をつけることができます。

折り方2
のり付け

4 のり付け

液体のりを「のりしろ」に塗って、車体・部品を組み立てます。貼り付けたあとにラジオペンチでその部分を20秒程はさんでおけば、しっかりとくっついているはずです。

のり付け2
完成

5 完 成

組み立てたそれぞれの部品を接着し、最後に赤色灯などの小物を取り付けて完成です。作品によっては難しいものもありますが、ぜひ頑張ってください!

完成2


↑このページの上へ