会議のあらまし

定例会と臨時会

市議会は、毎年4回(3月・6月・9月・12月)開かれる定例会と必要に応じて開かれる臨時会があります。
定例会も臨時会も市長が招集しますが、議長又は議員定数の4分の1以上の議員から、会議に付すべき事件を示して請求があった場合には、市長は臨時会を招集しなければならないことになっています。

本会議

議会に提出された議案などを審議し、議会としての最終的な意思を決める会議で、議案について市長が説明し、議員から質問や意見が述べられます。

委員会

議案などは最終的には本会議で決定されますが、市政の範囲は広く、複雑なため、専門的に能率よく審査・調査をするために常任委員会と特別委員会を設けています。また、議会の運営を円滑に行うため、議会運営委員会も設けています。

会議の流れ
説明
招集 議会を開くために市長が招集します。
矢印  
開会 議長の宣言で開会します。会議には、通常、議員定数の半数以上の議員の出席が必要です。
矢印  
会期決定 開会から閉会までを会期と言い、会期は議会の議決によって決めます。
矢印  
案件上程 市長、議員が提出する議案を会議の議題とします。
矢印  
提案説明 議案の提出者(市長等)から、議案の内容と提案理由の説明があります。
矢印  
代表質問 代表質問は、定例会の質疑の冒頭において、会派に所属する議員が、その会派を代表して質問を行います。
一般質問は、議員個人が、議案と直接関係なく、行政全般にわたり、執行機関(市長等)の説明や見解を求めます。なお、3月定例会では、予算議案との関係により、行政全般について議題となることから、一般質問ではなく質疑となります。
矢印  
委員会付託 委員会で議案等を詳細に審査するため、各委員会へ審査を依頼します。ただし、案件により委員会付託を省略する場合があります。
矢印  
委員会審査 本会議から付託された議案等を専門的に審査します。
矢印  
委員長報告 委員会での審査経過及び結果を各委員長が報告します。
矢印  
討論 議員が議案等について賛成か反対かの意見を述べます。
矢印  
採決 議長が議員に対し、議案等について賛成か反対かの意思表明を求め、多数決で議会としての意思を決定します。
矢印  
閉会 議長の宣言で閉会します。


常任委員会

地方自治法・条例に基づいて議会に常に置かれている委員会で、高松市議会には、次の四つの委員会があります。議員は必ず、このうちの一つの委員会の委員になることが義務づけられており、常任委員の任期は1年です。

委員会名
所管事項
総務消防常任委員会 政策・戸籍・年金・財政・税務・人事・広聴広報・消防など
教育民生常任委員会 国保・介護・福祉・子育て・保健所・病院・教育など
経済環境常任委員会 商工・農林水産・競輪・市場・文化・観光・スポーツ・環境など
建設水道常任委員会 都市計画・道路・公園・住宅・上下水道など

特別委員会

委員会名
目的
新病院等整備特別委員会 新病院及び附属医療施設の整備推進、並びに新病院を核としたまちづくりのあり方に関して調査研究する。
総合交通対策特別委員会 公共交通・自転車利用の促進策に加え、航空路線の拡充や宇高航路の存続など総合的な交通施策について調査研究する。
総合防災対策特別委員会 危機管理センター(仮称)の整備に合わせ、防災体制や防災訓練などソフト面も含めた危機管理対策について調査研究する。

決算審査特別委員会 一般会計・特別会計・企業会計の各決算の審査を行う。各会計の決算が提出される9月定例会において設置される。

議会運営委員会

地方自治法に基づいて、議会の運営を能率よく行うために、会議の期間や手順などを決めたり、会議規則や委員会条例などについて審査・調査する委員会で、任期は1年です。


もどる

↑このページの上へ