玉藻公園(史跡高松城跡)

屏風 

高松城の歴史

「讃州讃岐は高松さまの城が見えます波の上」と歌われていた高松城は、またの名を玉藻城と呼ばれていましたが、その由来は万葉集で柿本人麻呂が讃岐の国の枕詞に「玉藻よし」と詠んだことにちなんで、このあたりの海が玉藻の浦と呼ばれていたことによるといわれています。
 天正15年(1587年)に豊臣秀吉から讃岐に封ぜられた生駒親正が翌16年(1588年)から数年の歳月を掛けてこの地に城を造りました。瀬戸内の海水を外堀、中堀、内堀に引き込んだこの城は日本の三大水城の一つと呼ばれています。本丸を中心に時計回りの方向に二の丸、三の丸、桜の馬場、西の丸が配され、三重の堀とともに堅固な構えとなっていました。
 生駒氏の治世は、4代54年間続きましたが、寛永17年に生駒騒動といわれる御家騒動で四代目城主高俊は、出羽(秋田県)由利郡矢島1万石の地に移されました。寛永19年に徳川家康の孫で水戸の徳川頼房の子、松平頼重(水戸光圀の兄)が東讃12万石を領してこの高松城に入り、明治2年の版籍奉還までその子孫が11代228年間在城しました。将軍家と近親の関係にあった頼重は、中国、四国の監査役を命じられていたといわれていました。
 明治4年の廃藩置県ののち、この城は兵部省の所管となり大阪鎮台の分営が置かれ、明治7年分営が丸亀に移り陸軍省があき城を管理していましたが、明治23年に旧藩主松平家に払い下げられました。その後、松平公益会所有となり、昭和29年に高松市が譲り受け、翌30年5月5日から玉藻公園として、一般に公開され、現在に至っています。
 当時は、三重五層の天守閣がそびえ、要所には約20の櫓があって、その威容を誇っていましたが、現在では、艮櫓、月見櫓、渡櫓および水手御門が重要文化財の指定を受け残っています。園内の庭園には、緑したたる老松、名木が立ち並ぶなかに、石燈寵、手水鉢、大飛石等が配置され、昔の大名の権威がしのばれます。
 また、彦根城主井伊大老の二女千代姫が十一代松平頼聴の奥方として輿入れしたゆかりにちなみ、昭和41年8月15日、彦根・高松の両城は姉妹城の縁組を結びました。
 本公園は、史跡高松城跡として市民に愛され親しまれており、年間を通じて多数の市民および観光客の入園があり、特に花見シーズンには桜の馬場の夜間無料開放を実施しています。

案内図

文化財

▽重要文化財
  昭和25年8月29日指定
   高松城四棟
   ・北之丸月見櫓
   ・北之丸水手御門
   ・北之丸渡櫓
   ・旧東之丸艮櫓 
  平成24年7月9日指定
   披雲閣(旧松平家高松別邸)三棟
   ・本館
   ・本館付倉庫
   ・倉庫
      附 裏門一棟、袖塀二棟、井戸屋形一棟、四阿二棟

▽史跡
  昭和30年3月2日指定
   高松城跡

▽都市計画決定
  昭和23年11月25日(当初)
  昭和49年4月30日(計画変更)

開園時間

【公園の開園時間】
西門の開園時間東門の開園時間
4月から5月5:30から18:307:00から18:00
6月から8月5:30から19:007:00から18:00
9月5:30から18:307:00から18:00
10月6:00から17:308:30から17:00
11月6:30から17:008:30から17:00
12月から1月7:00から17:008:30から17:00
2月7:00から17:308:30から17:00
3月6:30から18:008:30から17:00
12月29日から12月31日は休園します。

入園料

【入園料】
 普通団体
(20人以上)
大人(16歳以上65歳未満)200円140円
小人(6歳以上16歳未満)100円70円
【定期入園料】
大人(16歳以上65歳未満)1人1年間1,200円
小人(6歳以上16歳未満)1人1年間600円
1月1日から1月3日は無料開放いたします。

<入園料割引について>
・香川県立ミュージアム、栗林公園、高松市美術館との相互割引があります。
※割引内容は団体料金の適用(3割引)となります。

披雲閣使用料

【1日の使用料(円)】
種別営業の宣伝を
目的とする展示会
その他
大書院9,1404,570
蘇鉄の間5,4602,730
槙の間4,5702,280
松の間3,1801,590
10畳間1,390690
8畳間1,270630
6畳間890440
調理場1,390690

年間行事予定

行事内容開催期間
新年無料開放1月1日から1月3日
植木市3月中旬から4月上旬
桜見物夜間無料開放4月上旬
一般開放記念無料開放5月5日
サツキ盆栽展5月下旬
英公様追悼游泳祭6月第1日曜日
香川国風小品盆栽展9月下旬
菊花展10月中旬から11月中旬
都合により開催期間が変更になることがあります。

天守閣

天守閣復元

高松城の天守閣の復元は、市民の長年の願いです。

 右写真は、明治17年取り壊し寸前の高松城天守閣の貴重な写真です。このほか、ケンブリッジ大学図書館で新たに天守閣の鮮明な写真が発見されています。

 高松のシンボルにふさわしい高松城の天守閣復元のため、高松城に関した資料がございましたら、是非、高松市へご連絡ください。

将来図

玉藻公園将来像図

中央に天守閣、その右に現在石垣修復中の地久櫓そして内堀を復元、手前が中央通りです。

高松市立玉藻公園の指定管理者について

高松市立玉藻公園は、平成18年4月1日より指定管理者「香川県造園事業協同組合」により管理運営業務を行っています。

↑このページの上へ