寡婦(寡夫)控除みなし適用について

寡婦(寡夫)みなし適用の概要

 婚姻歴のないひとり親家庭には、税法の定める「寡婦(夫)控除」が適用されないため、婚姻歴のあるひとり親家庭と比べて、同じひとり親家庭であるにもかかわらず、子育てや福祉などのサービスの利用料等の算定等において、負担額に格差が生じる場合があります。
 
 そこで本市では、本年4月から、婚姻歴のない、ひとり親世帯を支援するため、子育てや福祉などのサービスについて、税法上の「寡婦(寡夫)控除」が適用されるものとみなし、利用料の減額などを行う制度「寡婦(寡夫)控除みなし適用」を拡充します。
 
 なお、実際の税額の算定に控除が適用されるものではありません。
 

対象者

 本市に住所を有し、対象事業等の対象となる者であって、所得等を計算する対象となる年の12月31日現在及び申請日時点において、次の(1)又は(2)のいずれかに該当する人です。
 
 (1) 婚姻歴のない母
  ・生計を同じくする20歳未満の子がいる人
  ・婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない人
 
 (2) 婚姻歴のない父
  ・生計を同じくする20歳未満の子がおり、前年の合計所得金額が500万円以下の人
  ・婚姻したことがなく、現在も婚姻状態にない人
 
 注1 婚姻届はないが現に事実上の婚姻と同様の事情にある方、税法上の寡婦(寡夫)控除を受けている方
   は対象外です。
 注2 「生計を同じくする子」とは、ほかの人の控除対象配偶者、又は扶養親族になっていない、総所得金額等
   が38万円以下の子をいいます。
 

適用時期

平成29年4月1日から (保育所等保育料及び市営住宅使用料は、既に実施済です。)
 

対象事業

対象事業及び申請窓口は、チラシをご覧ください。

控除額

 税法上の寡婦(寡夫)控除の額に準じます。

 
控除の種類 所得税 市民税 所得制限
寡 婦 27万円 26万円 な し
特別寡婦 35万円 30万円 500万円以下
寡 夫 27万円 26万円 500万円以下

申請方法

 利用する事業の担当課窓口(チラシをご覧ください)で申請してください。
 
 【申請に必要なもの】
 ○申請書(各事業担当課に備え付けています)
 ○児童扶養手当証書
 ○印鑑
 (注)このほかにも必要な書類の提出を求めることがあります。
 

↑このページの上へ