平成29年度事業体系図

【 機能1】 各生涯学習関連施設間の学習事業の連携・調整

 市内の生涯学習関連施設間の連携・協力体制を推進するとともに、各種の情報を集中させることにより、各施設の事業実施における、施設、情報、人材等の相互活用を図ります。

■生涯学習情報システム(仮称)の開発

■生涯学習センター等運営協議会の開催

【 機能2】 生涯学習の啓発・普及 

 各生涯学習関連施設の施設内容や利用案内・利用予約、人材及びイベント等学習情報を収集・提供します。

■生涯学習情報の収集・提供

■生涯学習関連資料の収集・提供(貸出)

■ 講座情報等の周知

[広報たかまつなど]

【 機能3】 教養・文化等の全市的な学習機会の提供

 コミュニティセンターなどの地区学習圏では充足できない学習機会を提供するほか、市主催事業等との連携により学習機会の拡充を図るとともに、市民の自主的学習の場を提供するなど生涯学習の機会を提供します。

■高松市生涯学習カレッジ

[一般教養]

[専門課程]

■生涯学習推進事業

■展示事業

【 機能4】 指導者の養成・研修

 地域における生涯学習推進の指導的役割を果たす学習指導者や学習ボランティアを養成するため、指導者養成講座等を開設するとともに資質の向上を図るための研修などを実施します。

[センター遊友塾]

[市民参画促進委託事業]

[指導者のためのセミナー]

[生涯学習スタッフ養成講座]

生涯学習スタッフ養成講座
(生涯学習推進員向け講座:一般公開はしていません)

【 機能5】 社会教育関係団体等の活動と連携

 社会教育関係団体等の活動の場を提供するなど、社会教育関係団体等の活動と連携を図ります。

■社会教育関係団体等の活動の場の提供

■社会教育関係団体等との連携


戻る

↑このページの上へ