南昌市(中華人民共和国 江西省)

南昌市地図

市の概要

人口 約524万人
面積 7,402ku

南昌市は上海から南西約826kmに位置し、江西省の省都として、省の政治・経済・科学・文化の中心都市となっています。川と湖に囲まれた緑豊かな都市で、近代性と悠久の歴史が調和しており、古くから磁器の生産地として有名です。

南昌市

締結までの経緯

締結年月日 平成2(1990)年9月28日

我が国にとって一衣帯水の隣国であり、歴史的な関係も深い中華人民共和国の都市との友好提携を進めるため、北京の中国日本友好協会へ候補地の推薦を依頼したところ、同協会から4候補都市の推薦がありました。平成元(1989)年4月に、市長・副議長などが訪中し、候補地を予備的に視察調査した結果を踏まえ、江西省の省都である南昌市の市長を招待したところ、平成2(1990)年2月に南昌市長一行5人が来高しました。
また、5月には本市の調査団が南昌市を視察するなど相互に理解が深まり、8月2日、姉妹都市委員会は南昌市との都市提携について適当である旨答申し、9月定例市議会で南昌市との都市提携を可決しました。
そこで、両市で調印式を行うため、まず本市代表団を派遣し、平成2(1990)年9月28日に南昌市で、また、11月7日には南昌市代表団が来高し、高松市においてそれぞれ議定書に調印しました。

交流内容

都市提携以来、距離が近いということもあり、両都市からの公式訪問や市民訪問、南昌市中学生来高、中学生訪中親善使節団の派遣など活発な交流を行っています。

↑このページの上へ