通知カードの再交付について

通知カードを紛失したなどの場合、再交付することができます(原則有料)。
また、通知カードの再交付をせずにマイナンバーカードを作ることもできます。
再交付の通知カードは、申請後約2〜3週間で住民票の住所宛に簡易書留で郵送されます。

※マイナンバーカードをすでに受け取っている方、マイナンバーカードの交付申請を既に行っている方は、通知カードの再交付はできませんので御注意ください。

申請に必要なもの

以下のものを御用意の上、高松市役所市民課(1階)又は各総合センター・各支所へお越しください。

1 通知カード再交付申請書(様式は市役所又は各総合センター・各支所の窓口に用意しています)

2 再交付手数料(500円)

3 本人確認書類
  (注)本人確認書類として、次のA1点又はB2点が必要です。
    A:顔写真があるもの(運転免許証、写真入りの住民基本台帳カード、パスポート、身体障害者手帳、在留カード、療育手帳等)
    B:顔写真がないもの(健康保険証、介護保険被保険者証、年金証書、医療受給者証、預金通帳、社員証、学生証等)

4 通知カードの紛失、焼失等を証明する書類(次のいずれか)
  御自宅等で紛失された場合は、警察署への届出は不要です。
 
   ・遺失届を届け出た警察署及びその連絡先並びに遺失届受理番号が記載された通知カード紛失届(※)
  ・消防署又は市町村の発行する罹災証明書
  ・上記に掲げる書類の提出が困難な場合は、破損、紛失又は焼失の経緯を記載した通知カード紛失届(※)
 
 ※通知カード紛失届の様式は市役所又は各総合センター・各支所の窓口に用意しています。

代理人による申請

本人以外の人が代理で再交付申請をする場合は、上記1〜4に加えて以下の書類も必要です。
(代理人が申請する場合でも、3の本人に係る本人確認書類を持参する必要があります。)

5 代理人の本人確認書類

6 代理人の代理権を証明する書類
  ・法定代理人(15歳未満の子どもや成年被後見人等)の場合、戸籍謄本(※本籍地が高松市の場合は不要)や登記事項証明書など
  ・任意代理人の場合、委任状 

  

↑このページの上へ