「高松市水環境基本計画第2期実施計画」を策定しました。

計画策定の趣旨

 本市では、平成22年度に、「高松市持続可能な水環境の形成に関する条例」を制定するとともに、この条例に基づく「高松市水環境基本計画」を策定しました。さらに、国においても、26年7月に同様の理念に基づく「水循環基本法」が施行されています。
 この条例や基本計画の下、各部局において個別に展開している取組や、その取組目標を「水」という切り口で整理(見える化)し、総合的かつ効果的な進行管理を行うため、第1期実施計画に引き続き、第2期実施計画を策定しました。

計画の期間

 本計画の期間は、高松市水環境基本計画の計画期間である平成23年度から42年度の20年間のうち、28年度から31年度までの4年間とします。
 なお、今後の水環境をめぐる国の動向や環境の変化などに応じて、必要と認められる場合には、条例に基づき設置された「高松市水環境協議会」の意見を伺う中で、基本計画・実施計画の内容を、適宜、見直すものとします。

高松市節水キャラクター 「タメット」

↑このページの上へ