海外に滞在している方のマイナンバーについて

 マイナンバーは、日本国内に住民票を有する人のみに付番されることとなっており、海外に滞在中で日本国内に住民票を有しない人には付番されていません。
 帰国後、日本国内に転入し、住民票を作成した時に、初めてマイナンバーが付番されることとなります。
 詳細は、下記のコールセンターにお問い合わせください。

 高松市内に住民票を残して国外に滞在(出張、留学等)をしている方には、マイナンバーが付番され、マイナンバーが記載された通知カードが住所地に郵送されていますが、本人の不在中に通知カードを受け取る親族の方等がいない場合、その通知カードは、郵便局から高松市役所に返戻され、一定期間保管することにしております。
 
 高松市役所に返戻された通知カードは、平成28年3月末頃までにお受け取りいただくようお願いしておりますが、海外滞在中の方で、平成28年4月以降に帰国し、通知カードを受け取りたい方は、あらかじめ、高松市役所市民課(087−839−2282)へ御相談ください。 
 
 
 

お問い合わせ(国外からでも通話可能な番号)

●内閣府 マイナンバー制度コールセンター
 
 050−3816−9405

 平日9:30〜22:00
 土日祝日(年末年始除く)9:30〜17:30

●地方公共団体情報システム機構 個人番号カードコールセンター
 (通知カードや個人番号カードの御相談)

 050−3818−1250

 平日8:30〜22:00
 土日祝日(年末年始除く)9:30〜17:30

※ただし、IP電話への発信を規制しているところでは接続できないこともあります。

↑このページの上へ