平成29年度高松市公文書館企画展「公文書の世界」

「公文書の世界」チラシ

概要

 高松市公文書館では、職員が作成した公文書や行政資料を収集、保存しています。高松市制が布かれてから127年、戦火をくぐりぬけ残された文書は、戦前の高松市を知る上でとても貴重な資料です。また、公文書とは、紙文書だけではありません。写真や図面、事業によってはぬいぐるみなど、意外なものもあります。
 この企画展では、当館に移管された様々な文書の中から、市民生活に関係が深く、高松市政の変遷が分かるもの、また、形状が面白いものなどを展示し、魅力あふれる公文書の世界を紹介します。

 展示内容
 ・明治時代の議会(明治期の道路の拡幅)
 ・決算書から見る高松(今はなき公益質屋、競馬場、今も愛される競輪場)
 ・国体今昔物語(第8回、第48回大会)

展示期間

平成29年5月29日(月)〜8月31日(木)
土・日曜日・祝日を除く 午前9時〜午後5時 

展示場所

高松市公文書館(高松市国分寺総合センター2階)
〒769-0192 高松市国分寺町新居1298番地
電話087-874-4147

入場料

無料

↑このページの上へ