かがわの水サイト

水道管の凍結防止対策のお願い

水道管の凍結防止対策のお願い

気温がマイナス4度以下(風当たりの強いところはマイナス1度〜マイナス2度)になると、水道管が凍ったり、破裂する事故が多くなります。凍結防止の点検と対策を行うことで、破裂事故の防止に効果があります。

凍りやすい状態
水道器具の例
むき出しになっている。 温水器への立ち上がり配管
受水槽や高置水槽まわりの配管
屋外にある。
(特に北向きの日陰、風当たりの強いところ。)
散水栓
ベランダ等の洗濯水栓
保温されていない。 アパートやマンションの水道メーター

天気予報にご注意ください

低温注意報が出た夜などは、特に注意して再点検しましょう。

簡単にできる防寒対策

水道器具の例
防寒対策の例
温水器への立ち上がり配管
受水槽や高置水槽まわりの配管
外気が直接水道管に当たらないように、段ボールや板でおおう。
水道管に保温チューブや布を巻き付け、ビニールテープなどでおおう。
散水栓
ベランダ等の洗濯水栓
タオル等でおおう。
念のために蛇口を閉めておく。
水道メーター 発泡スチロールを砕いたものや新聞紙を小さくちぎったものをビニール袋に入れて、メーターボックスの中に詰める。

凍ってしまったら・・・

水道管や蛇口が凍ってしまったら、自然に溶けるのを待つか、凍った部分にタオルをかぶせて、その上からぬるま湯をゆっくりかけてください。
なお、熱湯は絶対にかけないでください。急に熱湯をかけると、水道管や蛇口が破裂することがあります。

破裂してしまったら・・・

水道管や蛇口が破裂してしまったら、メーターボックスの中にある止水栓を閉めてください。止水栓の位置が分からない場合は、上下水道局 維持管理課(TEL:087−839−2761)にお問い合わせいただくか、破裂した部分にタオルかビニールテープを巻きつける等、応急処置をしてください。

修理は、下記の高松市上下水道局指定給水装置工事事業者、又は高松市上下水道工事業協同組合にご依頼ください。

指定給水装置工事事業者名簿(町別順) PDF形式
指定給水装置工事事業者名簿(50音順) PDF形式
高松市上下水道工事業協同組合 電話番号:831−5634

↑このページの上へ