平成28年1月から マイナンバーと身元確認書類 の窓口での提示が必要となります。

平成28年1月から、マイナンバーが必要な手続き(下記参照)には、本人確認が義務付けられることになりますので、手続きの際は、●印のものを必ず持参してください。

本人が申請する場合(@AB のいずれか)

@
A
B
●個人番号カード
個人番号カード
●通知カード
通知カード 
 +
●公的機関発行の身分証明書(写真付き)1点
(例)障害者手帳・運転免許証
●通知カード
通知カード  
  +
●健康保険証・年金手帳など2点
 

代理人が申請する場合(CD のいずれか)

C
D
●本人の個人番号カード 又は 通知カード
  (写しで可)
  +
●委任状(下記様式。任意様式でも可。)
 法定代理人の場合は、戸籍謄本・登記事項証明書など
  +
●代理人の公的機関発行の身分証明書
(写真付き) 1点
●本人の個人番号カード 又は 通知カード
  (写しで可)
  +
●委任状(下記様式。任意様式でも可。)
 法定代理人の場合は、戸籍謄本・登記事項証明書など
  +
●代理人の健康保険証・年金手帳など2点

マイナンバーが必要な手続き

手続きの種類により、保護者や同一保険の加入者等のマイナンバーも必要な場合がありますので、下記の一覧表を御覧ください。

・身体障害者手帳           
・精神障害者保健福祉手帳       
・自立支援医療(更生医療・精神通院) 
・障害者医療費助成          
・日常生活用具等
・補装具費
・特別障害者手当
・障害児福祉手当
・福祉手当
・障害福祉サービス          
・障害児通所支援           
・移動支援              
・地域活動支援センターU型      
・日中一時支援            
・身体障害者用自動車改造
・身体障害者訪問入浴サービス
・高額障害福祉サービス等給付費
・高額障害児通所給付費 


もどる

↑このページの上へ