幼稚園等について

幼稚園等に入園したいとき

高松市内にある幼稚園等の利用に関する情報を掲載しております。 以下の各項目をクリックして、ご覧ください。


 ⇒ 平成30年度4月からの教育・保育施設等の利用についてはこちら

※ 年度途中の利用については、下をご覧ください。


・幼稚園等とは
・入園の対象となる方
・幼稚園等一覧
・年度途中の幼稚園等の利用手続きについて
・利用者負担額(授業料)について
・支給認定申請に必要な書類
・私立・国立幼稚園授業料補助について




※これより下は、平成29年度途中入園(所)を希望する方を対象とした御案内となっております。

幼稚園等とは

 「幼稚園等」とは、幼稚園及び認定こども園(教育部分)を表しています。
 幼稚園等は、子どもがはじめて出会う学校です。
 幼児の主体的な活動としての遊びを大切にした教育を行っています。周りへの興味・関心が広がる3歳という年齢は、親への全面的な依存の状態から自立に向かい始める時期です。さまざまな遊びを通じて、“進んで体を動かそうとする意欲”、“人とかかわる力”、“言葉に対する感覚や言葉で表現する力”、“自然の美しさや不思議さに気付き、それらを生活に取り入れていこうとする力”、“豊かな感性や表現する力”を養っていくことで、小学校以降の学習の基盤をつくります。
 教育時間は4時間が標準ですが、幼稚園等によって異なります。
 私立幼稚園では、保護者の要望により、保育施設のように長時間保育する「預かり保育」を実施する園や、満3歳児を受け入れる園があります。
 園庭開放や保育見学を行っている幼稚園等もありますので、候補の施設は決める前に、できるだけ見学に行くことをお勧めします。
 ご利用できる施設として、幼稚園、認定こども園(教育部分)があります。

入園の対象となる方

 幼稚園等を利用できるのは、3歳から小学校入学前までの子どもです。なお、市立幼稚園・認定こども園については、高松市内に住民登録をしている必要があります。(申し込みが多い場合は抽選などになる場合もあります。)

幼稚園等一覧

年度途中の幼稚園等の利用手続きについて

 1 入園申込
    各幼稚園等又はこども園運営課に備え付けの「入園申込書」(こども園は「入所申込書」)及び「支給認定申請書」に必要事項を記入し、希望する幼稚園等に申し込んでください。その際、入園を希望する幼児を同伴し、印鑑を持参してください。当日、園で幼児及び保護者と簡単な面談を行います。定員空き状況や面談の内容等により、園長が入園内定を行います。入園日や準備物等は、園に確認してください。
  ※ 新制度に移行していない私立幼稚園については、各施設にお問い合わせください。
  ※ 空き状況については、入園希望の幼稚園等にお問い合わせください。
  ※ 特別な支援を要する幼児については、園の状況に応じての受け入れとなりますので、希望する幼稚園等又はこども園運営課にご相談ください。

 2 支給認定証(1号認定)の交付
   保護者からの「支給認定」の申請及び添付書類に基づき、市が「支給認定証」を交付します。

 3 入園許可決定通知
   高松市より、「入園許可決定通知書」(こども園は「入所承諾書」)が交付されます。

利用者負担額(授業料)について

 市立幼稚園・認定こども園及び新制度に移行する一部の私立幼稚園については、お子さんと生計を同じくする父母及び扶養義務者(生計を維持している祖父母等)の前年度、又は当該年度の市町村民税課税額によって決定します。

 また、一部の私立幼稚園では、園で授業料を設定しています。詳しい料金は各幼稚園に問い合わせましょう。
 就学前教育の振興と少子化対策の一環として、保護者の収入によって授業料の減免又は授業料の補助制度もあります。
 利用者負担額に加えて払う給食費、教材費、送迎バス料金などの雑費、入園時には園服代や入園金などが必要な幼稚園もあります。

支給認定申請に必要な書類

@ 支給認定申請書・・・子ども1人につき1枚 (※2枚目不要)

A 市町村民税課税証明書・・・高松市外に住民登録をしていた保護者が対象となります
入園希望時期 提出書類
4月〜8月 ・平成28年1月1日に住民登録のあった市町村の「平成28年度市町村民税課税証明書」の写し
・平成29年1月1日に住民登録のあった市町村の「平成29年度市町村民税課税証明書」(6月以降に取得可能)の写し
9月〜3月 ・平成29年1月1日に住民登録のあった市町村の「平成29年度市町村民税課税証明書」(6月以降に取得可能)の写し

B 支給認定申請に係る子ども及び同居する世帯員の方が次に該当する場合は、次に掲げる書類を 添付してください。
対象となる事柄 提出書類
入園申込中の子どもの兄姉が高松市立以外の幼稚園等を利用している場合  ※ 在籍証明書(市所定の様式)
※認定を受けない私立幼稚園、国立幼稚園、特別支援学校幼稚部(香川県中部養護学校幼稚部、香川県立聾学校幼稚部、香川県立盲学校幼稚部)を利用している場合に必要です。
 なお、特別支援学校幼稚部以外の施設、児童デイサービスを利用している場合は、こども園運営課にお問い合わせください。
お子さん又は同居親族が障害者手帳等の交付を受けている場合 各種障害者手帳又は療育手帳等の写し
生活保護を受給している場合 生活保護受給者証の写し
ひとり親家庭等の場合 ひとり親家庭等医療証又は児童扶養手当証書の写し(該当者のみ)

私立・国立幼稚園授業料補助について

 私立幼稚園授業料補助についてはこちらから
 国立幼稚園第3子以降授業料補助についてはこちらから

↑このページの上へ