がん検診を受けましょう

生涯のうちにがんにかかる可能性は2人に1人と言われています。
高松市ではがんの死亡数は1,220人(平成27年度)であり、市民の3人に1人はがんで亡くなっています。
がんは早期がんの段階で治療を受ければ、非常に高い確率で治ります。
あなた自身のために、あなたの周囲の人のためにがん検診を受診しませんか。

※対象者全員に受診券をお送りしています。
 職場などで検診を受ける機会のある方は、その機会を御利用ください。

【集団検診について】
7月から胃がん集団検診、結核・肺がん集団検診が始まります。
胃がん集団検診は予約が必要になります。実施日の前月の1日から受付しますので、日程表を確認して、申し込み先へご連絡ください。
※50〜69歳のうち偶数年齢の方(4月1日現在)を対象に、医療機関での個別検診を実施しています。対象者には、「胃がん個別・集団検診受診券」を送付します。
  医療機関の検診では、エックス線間接撮影検査と内視鏡検査の選択になります。(医療機関で受診された方は、集団検診は受診できません。)

※日程等は変更する場合があります。実施前に広報に掲載しますので、必ずご確認ください。

自己負担金免除等について

番号法施行に伴い、自己負担金免除等を希望する方は、保健センターで「マイナンバーを利用した自己負担金免除等の申請」が必要になります。

↑このページの上へ