高松城跡を紹介する図録『史跡 高松城跡』(日本語版・英語版)を販売しています

 文化財課では、史跡高松城跡の魅力を紹介する図録『史跡 高松城跡』(日本語版・英語版)を作成いたしました。

 玉藻公園は国の史跡に指定された高松城跡にあって、江戸時代の櫓など4棟が現存する城郭建築として重要文化財に指定されています。さらに平成24年には、披雲閣本館をはじめとする大正時代の3棟が重要文化財に指定され、昨年には披雲閣庭園が国の名勝に指定されました。これにより、「史跡」・「名勝」・「重要文化財」の3重の文化財指定を受けた極めて価値の高い公園となりました。また、都市の中で憩いを提供する「都市公園」でもあり、市民に親しまれる公園として、多彩なイベントにも活用されています。
 今回制作の図録は126ページのオールカラーで、「史跡」・「重要文化財」・「名勝」・「都市公園」それぞれの観点から解説を加え、歴史や見どころ、四季折々の姿や活用事例などを紹介しています。
 この図録をもって玉藻公園に出かけ、新たな発見をしてください。

※購入を希望される方は、1冊1,700円で下記の施設で販売中ですのでお近くの施設に足をお運び下さい。
●玉藻公園管理事務所(玉藻町2−1 玉藻公園内 TEL:851−1521)
●文化財課(番町一丁目8−15 市役所7階 TEL:839−2660)
●高松市歴史資料館(昭和町1−2−20 サンクリスタル高松4階 TEL:861−4520)
●石の民俗資料館(牟礼町牟礼1810 TEL:845−8484)
●讃岐国分寺跡資料館(国分寺町国分2177−1 TEL:874−8840)
●香南歴史民俗郷土館(香南町由佐253−1 TEL:879−0717)

写真
英語版

↑このページの上へ