表示マーク

「表示マーク」は、消防法令のほか、重要な建築構造等に関する基準に適合している建物の情報を利用者に提供するマークです。

表示マークには「銀」と「金」の2種類があります。

「金」は「銀」が3年間交付され、より安全な建物であることが確認された建物にだけ交付することができます。

表示マーク(銀)表示マーク(金)
表示マーク(銀)
表示マーク(金)

対象施設

3階建て以上で、収容人員が30人以上となるホテル・旅館等が対象となります。

棟ごとに審査の対象となりますので、たとえば本館・新館など複数の棟がある場合は別々に申請してください。

申請

表示マークの交付(更新)を希望するホテル・旅館等の関係者の方は、「表示マーク交付(更新)申請書」に、以下の書類を添えて管轄の消防署へ申請してください。

[添付書類]

防火対象物点検結果報告書報告の義務のない建物であっても点検を実施していただき、添付が必要になります。
報告義務のある建物で、過去1年以内に報告済みである場合には添付は必要ありません。
製造所等定期点検記録表交付を受けようとするホテルや旅館に、地下タンクなどの危険物施設がある場合のみ必要となります。
特殊建築物等定期調査報告書報告の義務のない建物であっても点検を実施していただき、添付が必要になります。
報告義務のある建物の場合、建築部局に提出し、受付印が押されているもののコピーを添付してください。


また、ホームページなどへの掲載用に、画像データの表示マークの交付をご希望される方は、その旨もあわせてご記載ください。

※ メールアドレスの記載に誤りがあったり、また、読みにくかったりした場合には、画像データをお送りすることができません。
 正確で読みやすい記載をお願いします。

審査

申請書の内容が表示基準に適合しているかどうかを、消防機関で審査します。
審査の内容は以下のものとなります。

[表示基準]

建築構造・防火区画・階段・避難施設などが安全なものであるか
避難訓練を定期的に実施しているなど、防火管理が適正に行われているか
消防用設備等が基準どおり設置されているか、また故障などがないか
危険物施設が基準どおり使用されているか
消防への書類の届出などがされているか
上記のほか、建物の防火に関する法令に違反しているところがないか

交付

表示基準に適合していた場合、申請書の内容に応じて、表示マーク(銀)か、表示マーク(金)を交付します。 また、あわせてホームページなどへの掲出用に、画像データとしての表示マークをお渡しすることもできますので、希望される方は申請書へ記載してください。

有効期間

表示マーク(銀)は1年間、表示マーク(金)は3年間有効です。
その期間を過ぎると掲出できなくなりますので、その前に更新をお願いします。

更新は、交付のときと同じ申請書を使用してください。

なお、更新の申請をすることができる時期は…

表示マーク(銀)からの更新→有効期間の切れる1ヶ月前
表示マーク(金)からの更新→有効期間の切れる2ヶ月前

この期間に限定されていますので、ご注意ください!

表示マークの交付を受けると…

表示マークの交付を受けた関係者の方は、表示マークを建物に掲出して、安全な建物であることを広くお知らせすることができます。
また、画像データによる表示マークを、ホテル・旅館等のホームページに掲載することもできます。

このページでも、表示マークの交付を受けている建物の情報をは掲載させていただきます。

利用者の方々へ

表示マークが掲出されているホテルや旅館は、表示マークに記載された年月の時点で一定の安全性が確認された建物です。

ですが、災害が絶対に起こらない施設ということにはなりません。

また、表示マークのない建物であるからといって、必ずしも危険な建物ということになるわけでもありません。

正しいご理解をよろしくお願いします。

↑このページの上へ