平成28年度「臨時福祉給付金」のお知らせ

平成28年度臨時福祉給付金の申請受付は、全ての受付を終了しました!

【参考】平成28年度臨時福祉給付金の概要
平成26年4月から消費税率が引き上げられたことに伴い、影響が大きい家庭への負担を軽減するため、市民税(均等割)が課税されていない方を対象に、平成27年度に引き続き平成28年度も給付するものです。

臨時福祉給付金
【給付対象者】

●平成28年1月1日時点で高松市の住民基本台帳に記録されている方
●平成28年度市民税(均等割)が課税されていない方


のいずれにも該当する方
※ただし、給付決定前に亡くなられた方や、次に該当する方は除きます。
○平成28年度市民税(均等割)が課税されている方の扶養親族など(注1)
○生活保護の被保護者や中国残留邦人等に対する支援給付の受給者など、生活保護の基準の例による給付を受け取っている方

※(注1) 扶養親族などの範囲は、地方税法の規定による控除対象配偶者、配偶者特別控除における配偶者、扶養親族、青色事業専従者及び白色事業専従者をいいます。

【給付額】

●給付対象者1人につき 3,000円

【提出書類】

●申請書(給付対象者と見込まれる方に、原則、郵送しています。)

●本人確認書類のコピー
運転免許証、健康保険証、年金手帳などのコピー

●口座確認書類のコピー
通帳、キャッシュカードなどのコピー

【提出方法】

●申請書は、郵送受付のみです。
※返信専用封筒の宛先は、次のとおりです。
【〒731−0190 安佐南郵便局 私書箱8号 高松市臨時福祉給付金等給付事業実施本部 事務処理センター】
なお、申請書等に同封した返信専用封筒を使用した場合、郵便料金はかかりません。

※申請期間内(平成28年12月26日(月)まで)に申請がなかった場合は、給付金の給付を辞退したものとみなします。
※申請書の不備等のため、記載事項の修正・確認等を依頼したにもかかわらず、所定の期間内に、これが行われなかった場合は、給付金の申請が取り下げられたものとみなします。

【給付方法・給付時期】

●申請書で指定した金融機関の口座への振込により給付します。

給付時期は、申請書の市への到着から、1か月余りかかります。(なお、申請書の不備等があった場合、記載事項の修正・確認等を、原則、郵送でお願いすることとなりますので、さらに期間を要します。)
※臨時福祉給付金は、所得税・個人住民税の課税の対象にはなりません。

【お問い合わせ】

●高松市役所 本庁舎12階 高松市臨時福祉給付金等給付事業実施本部
※総合センター及び支所・出張所に相談窓口は開設していません。

〇受付時間 8時30分〜17時(※土・日、祝日を除きます。)
相談窓口での申請書の受付はできません。

●電話番号 087−822−9130
●FAX 087−822−9136
●Eメール rinkyu@city.takamatsu.lg.jp

(※通話料等はご利用者様の負担となります。)

○受付時間:8時30分〜17時(※土・日曜日、祝日を除きます。)
電話等の混雑時は、つながりにくくなる恐れがありますので、混雑している時間帯等を避けてお問い合わせいただくことをお勧めします。
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解の程、よろしくお願いいたします。

平成28年度臨時福祉給付金の支給対象者で、平成28年5月分の 障害基礎年金、遺族基礎年金等 を受給されている方は、障害・遺族年金受給者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)が併せて支給されます。
※ただし、高齢者向け給付金(年金生活者等支援臨時福祉給付金)の申請書が届いていた方は対象外となります。

臨時福祉給付金に関する国の最新情報は、厚生労働省「給付金専用ダイヤル」、又は以下のホームページをご参照ください。

厚生労働給付金専用ダイヤル
電話番号 0570−037−192
受付時間 午前9時〜午後6時(土・日・祝日も開設しています。)

「臨時福祉給付金」をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」に御注意ください!!

低所得の高齢者向け年金生活者等支援臨時福祉給付金についてはこちらをご覧ください。

臨時福祉給付金(経済対策分)についてはこちらをご覧ください。

その他

↑このページの上へ