道路工事施行承認申請(道路法第24条)

承認工事とは、道路法第24条の規定に基づき、道路管理者以外の者が道路区域内において、設計及び実施計画について道路管理者の承認を受けた上で実施する道路に関する工事の通称であります。

1.道路法第24条(道路管理者以外の者の行う工事)とは

[条文]: 道路管理者以外の者は、第十二条、第十三条第三項又は第十九条から第二十二条までの規定による場合の外、道路に関する工事の設計及び実施計画について道路管理者の承認を受けて道路に関する工事又は道路の維持を行うことができる。
但し、道路の維持で政令で定める軽易なものについては、道路管理者の承認を受けることを要しない。

2.道路管理者以外の者とは

道路法第18条にいう道路管理者以外の者である国・地方公共団体・公法人・私人
(ただし、国道・県道・農道等その他の道路の管理者が実施する工事については、道路法第24条に準じた手続きとして道路管理者相互間の工事施工協議をお願い致します。)

3.承認工事に該当する行為(具体例)

◆法面の埋め立て切取り  ◆歩道の切り下げ(出入口の設置)  ◆ガードレールの撤去
◆標識の移設  ◆環境美化のための植栽帯への植樹
◆舗装、L型側溝の復旧及び新設  
◆床版橋架設に伴う道路構造物(路側コンクリート、擁壁、舗装)の改築
◆農道、私道、区画街路、都市計画道路などの取り付け

4.承認の基準

基本的には、申請案件毎の個別審査となりますが、以下の要件を満たして頂くことが必要となります。
歩行者や通行車両等の安全性の確保。
・改築により当該道路が現に有する機能及び安全性が低下しないこと
・申請者の工事執行及び履行能力が確認出来ること。
・添付書類等により、施行目的・場所、並びに施工しようとする施設等の構造及び方法が適正であると判断可能であること。
・第三者との間に利害関係が生ずる場合には、利害の調整結果を示す同意書、承諾書の提出があること。

5.承認(24条)工事と占用(32条)工事との違いについて

[承認工事]: 道路として必要な施設(道路本体又は道路付属物)を設け、設置した後は道路と構造的に一体となり永続的に道路利用者が平等にその利益を享受するもの
(道路付属物の例:ガードレール、落石防止柵、車止めポスト、遮音壁、距離標等)
[占用工事]: 道路として不必要な施設であるが、国民生活上必要な施設を設けることで、設置した後は設置者が排他的にその利益を享受するもの。
(道路占用物の例:給排水管、ガス引込管、電柱、上空架空線、仮設足場、仮囲い等)

6.申請書提出にあたりお願いすること

・提出部数: 2部(正・副)
・審査期間: 一般的には1週間程度。
※地先に植栽帯がある場合は10日から2週間程度。(公園緑地課と樹木の処置について協議して頂く期間を加味)
街路樹の移植については、事前に公園緑地課の担当係と移植予定時期・移植数量・種別・方法についての協議を行い、その結果を申請書に記載して下さい。
・添付書類について
附近見取り図: 住宅地図等申請箇所が明瞭に判別できる図面であれば結構です。
平面図: 住宅建設・開発工事等の平面図に該当するものであり、施行しようとする目的物が分かればスケッチ程度でも結構です。(歩道の切り下げ工事については、民有地内の車庫・自動車保管場所を平面図内に記載して頂きます。)
※なお、道路管理者が軽微な工事であると判断した場合には、附近見取り図と平面図とを1枚の図面で表示して頂く場合もあります。
丈量図: 申請書の「3 工事区域」において記載して頂いた長さ(m)・幅(m)・面積(u)が施工箇所のどの部分に当たるかを示して頂く図面であり、測量士に作成を依頼したり、三斜法で面積を求めて頂く必要はありません。
※なお、道路管理者が軽微な工事であると判断した場合には、平面図内に長さ(m)・幅(m)・面積(u)を表示して頂いて丈量図と兼ねる場合もあります。
断面図: 基本的には縦断面図・横断面図等であり工事目的物の各寸法を表示、市道部分との取り合わせ部分の状況等を示して頂くことになります。
構造図: 工事目的物の構造(切り下げ・法面工事であれば、路盤・表層の種別と厚さ、床版工事の場合には、床版の厚さ・配筋状況・グレーチングの構造等)を表示して頂きます。
※なお、道路管理者が軽微な工事であると判断した場合には、断面図と構造図とを1枚の図面で表示して頂く場合もあります。
同意書・承諾書: 承認工事の施工に伴い、第三者との間に利害関係が生ずる場合に関係者間の利害の調整結果を示して頂く書類。(床版設置の場合の水路管理者の同意書、第三者の所有地の地先で切り下げ工事を実施する場合の承諾書等)
・申請者の名義について: 承認工事の施主にあたる者(私人・法人を問わず)又は工事目的物完成後の施設の所有者又は管理者(申請書の「工事仕様書」の内容(特に4〜6の項目)を確実に履行して頂ける方。)
申請書の「工事仕様書」をよく読んで、内容を理解・ご承諾頂いた上で記名押印して下さい。

7.現場施工にあたりお願いすること

別添「道路工事施行承認条件」の記載内容を充分に理解した上で工事に着手して頂きます。 また、工事施行区域内における歩行者や通行車両の安全確保の観点から、工事現場内の各種標識、バリケード、夜間照明等の安全施設の点検や防護柵の転倒防止、現場内の清掃及び工事用資材・機器の整理整頓、交通誘導員への適切な指示を実施して頂くと伴に、夜間・休日においても適宜巡回を実施するなど安全で安心な市民生活確保のための安全対策、現場管理に万全の措置を講じて頂きますようお願い致します。

8.申請書ダウンロード


もどる

↑このページの上へ