平成25年12月に「高松市文化芸術振興条例」を公布・制定しました。 これを記念して、シンポジウム「地域をアートでほぐす・あむ・つなぐ」を開催します。

シンポジウムチラシ(表)

●開催の趣旨

 本市が,文化芸術を通して,市民が生き生きと心豊かに暮らせるまち,高松を実現するため,昨年12月に制定した「高松市文化芸術振興条例」を,市民の皆様に広く知っていただきたいと企画した制定記念シンポジウムです。
 活力に満ちた高松を,文化芸術によって推進していく意義や,今後の可能性・期待についてお話いただくため,国内外の様々な現場で活躍されているゲストをお迎えしております。

平田オリザ氏さん 

●日時・場所

日 時:2014年2月23日(日)14:30−17:00 [受付|13:30〜]
場 所:サンポートホール高松 第1小ホール
        (高松市サンポート2‐1 高松シンボルタワー・ホール棟4階)

藤浩志さん 

●定員・お申込み方法等

定 員:250名【入場無料/事前申込者優先/自由席】 
    ※手話通訳及び託児室あり
    ※定員に余裕がある場合は,当日会場にて受付します。

お申込み方法:2月20日(木)までに,お名前と連絡先を,電話・FAX又は電子メールで高松市文化芸術振興課へ。

 ◆文化芸術振興課 
  TEL087‐839‐2636/FAX:087‐839‐2659
  電子メールアドレス:bunka@city.takamatsu.lg.jp

GABOMI(ガボミ)さん 

●プログラム内容

●記念対談
「今なぜ文化芸術が必要なのか― 求められる想像と創造」
  出演:平田オリザ(劇作家・演出家、劇団「青年団」主宰)×藤浩志(美術家、十和田市現代美術館副館長)

●高松文化スライドショー「TAKAMATSU 2013-2014」
 出演:GABOMI(写真家、写真集『ことでん仏生山工場』刊行)

●パネルディスカッション
「それぞれの現場の可能性について−将来への展望」
 コーディネーター:橋本 一仁 (四国学院大学教授)
 パネラー:大島よしふみ(彫刻家)×香西志帆(映画監督)×平田オリザ×藤浩志

大島よしふみさん 
香西志帆さん 
コーディネーター:橋本一仁さん 

↑このページの上へ