我が家の水がめづくり「巧水キャンペーン2013」巧水賞(最優秀作品)が決定しました!

表彰

 「水を巧みに使い、水を大切にしている高松」を全国発信するため、また、水を大切にする意識の啓発と水を上手に使う取り組みを推進するため、「巧水キャンペーン」を実施しています。
 今年度は、特に水に接する機会の多い7月から8月をキャンペーン期間として、家庭や事業所での水の有効活用や、水質保全の取組などの川柳を募集したところ、1,005首の応募をいただきました。
 水環境協議会委員、協賛企業・団体等の代表者による審査を経て、最優秀作品である巧水賞が決定し、10月25日に表彰式が行われました。各部門の最優秀作品は以下の3首です。
 多数の御応募、ありがとうございました!

 (一般(高校生以上)の部)
「早明浦の 水位に合わす 風呂の水」東川郁子さん
 (中学生の部)
「祖母にきき 米のとぎ汁 水やりに」一宮中学校 川田 麻里亜さん
 (小学生以下の部)
「じゃ口から 出てくる水に 「ありがとう」」川添小学校 岡田 奈子さん 

↑このページの上へ