既存不適格広告物の改修等に係る補助制度について

 高松市屋外広告物条例の改正(平成26年4月1日施行)に伴い、改正前に適法に表示・設置されている屋外広告物で、改正後の新しい基準に適合しなくなったもの、いわゆる、既存不適格の屋外広告物については、10年間の経過措置期間を設けていますが、美しいまちづくりの実現に向け、新しい基準に適合するよう改修等に要する経費に対して、補助する制度を設けました。
 補助制度の内容につきましては、早期に改修等を行っていただけますよう、10年間の経過措置期間内で段階的に補助率(補助限度額)を設定しています。

1.補助制度の対象となる屋外広告物について

 補助対象となる『基準に不適合となる屋外広告物』については、次の要件を満たすものが対象となります。

  1. 条例改正前において許可申請が必要な屋外広告物については、「平成26年3月31日」までに高松市の許可を受けて表示・設置しているもの(※1)
  2. 条例改正前において許可申請が必要のない屋外広告物については、「平成26年3月31日」までに表示・設置しているもので、「平成27年3月31日」までに高松市の許可を受けて表示・設置しているもの

(※1) 許可を受けていない屋外広告物については、『補助対象外』となるだけではなく、違反広告物として、氏名公表を含めた厳正な是正指導の対象となります。

2.補助制度の内容について

 補助率・補助限度額・補助期間について

区分補助期間補助率補助限度額
下記以外の既存不適格広告物平成25年9月27日〜平成28年3月31日2/366.6万円
平成28年 4月1日〜平成31年3月31日1/250.0万円
平成31年 4月1日〜平成36年3月31日1/333.3万円
(※2)の区域にある既存不適格広告物平成25年9月27日〜平成28年3月31日100%200.0万円
平成28年 4月1日〜平成31年3月31日2/3133.3万円
平成31年 4月1日〜平成36年3月31日1/2100.0万円
   (※2)
  • 主要交差点(4車線以上の道路が交差する交差点(商業地域は除く)(34箇所)に表示・設置されている一般広告物
  • 栗林公園から500m範囲において、公園内の眺望地点から見える屋外広告物(高松市景観計画に定める栗林公園周辺景観形成重点地区に限る。)

 

↑このページの上へ