印鑑登録証(生分解性プラスチック製)が破損した場合、新しいタイプの印鑑登録証と交換(無料)します

 高松市では、平成15年1月から平成19年12月までの間、焼却時にダイオキシンが発生しない生分解性プラスチック製の印鑑登録証(栗林公園の風景が、印刷されています。)を交付していました。
 しかしながら、生分解性プラスチックは、環境に優しい特性を持つ素材である反面、いくつかの条件が重なると生分解の速度が促進され、結果的に劣化が進みやすくなる特性を持っていることが判明しました。
 このため、生分解性プラスチック製の印鑑登録証の保管方法について注意をしていただくとともに、劣化した印鑑登録証については新しいタイプ(水色の地に印鑑登録証と黒字で記載しています。)の印鑑登録証と無料で交換していますので、交換方法等についてお知らせします。

印鑑登録証

対象の印鑑登録証

◆特 徴◆

●栗林公園の風景が印刷され、上部の磁気テープの色が「銀色」です。

●裏面の下に「このカードは環境に優しい生分解性プラスチックです。」の記載があります。

保管方法

この印鑑登録証を保管する際は、次のことにご注意ください。

●高温、多湿の環境を避けてください。

●折り曲げ等、物理的な負荷を加えないでください。

劣化した印鑑登録証の交換

万一破損した場合は、次の方法で新しい印鑑登録証に交換してください。

●取扱窓口
 市民課・各総合センター・支所・出張所
 ※出張所では、破損した印鑑登録証をお預かりし、後日、新しい印鑑登録証を取りに来ていただくようになります。

●手続方法(持参いただくもの)
【本人が窓口に来られる場合】
 ・破損した印鑑登録証(もしバラバラになっていても、袋に入れるなどしてご持参ください。)
 ・運転免許証など官公署が発行している顔写真付き身分証明書(運転免許証など官公署が発行している顔写真付き身分証明書がない場合は、登録している実印と健康保険証などの身分証明書)
【代理人が窓口に来られる場合】
 ・破損した印鑑登録証(もしバラバラになっていても、袋に入れるなどしてご持参ください。)
 ・破損した印鑑登録証で登録している実印
 ・代理人の身分証明書(運転免許証又は健康保険証など)

その他

 破損した印鑑登録証を新しいタイプの印鑑登録証に交換した場合、新しい印鑑登録証は窓口交付専用になります。
 証明書自動交付機やコンビニ交付には、対応していません。


もどる

↑このページの上へ