塩江美術館企画展 所幸則展

《渋谷マークシティ道玄坂上方面出口》2008年




高松市塩江美術館では、国内外でその活動が高く評価されている高松市出身の写真家所幸則の個展「One Second 2008-2012」を開催いたします。

所(1961-)は、大阪芸術大学写真学科卒業後、東京へと拠点を移し、デジタルやアナログの手法を凝らした写真を撮影します。その作品は時代の先端を行くハイパーメディアマガジンやファッション誌、写真誌、情報誌を彩り、同時代の私達に鮮やかな印象を与えてきました。一方で1992年の世界写真見本市「フォトキナ92」で“世界の新しい表現者”の日本代表に選ばれるなど国際的に活躍しています。2007年より、住み慣れた東京・渋谷の街をモノクロで撮影することで、自らの原点への回帰を模索し、その写真スタイルを大きく変換させました。

今展では、2012年の所幸則の故郷への移住を機に、2008年より確立した1秒で被写体を捉える技法によって撮影された作品を香川で初めてご紹介します。瞬間ではなく、私達に身近な「One Second」という時間の経過が切り取られた作品には、街や人の息遣いが光と影により焼き付けられています。所が長く拠点とした渋谷を中心に、パリ、ニューヨーク、上海、そして、アートとして故郷を記録するプロジェクトを手がけ始めた高松などの都市を題材とした風景写真のほか、女性の美しさを閉じ込めたシリーズ「ほんとうにあったように思えてしまう事」や、コシノヒロコとのコラボレーションによる作品など約30点を展示します。

所幸則の作品を 本というかたちで表現した“写真の小宇宙”、 アーティストプルーフ・プリントで作られた作品集。 24枚のプリントが織り成す、都市に棲息する時間の痕跡。 現代における“時間”の姿を捉えた意欲作「One Second -SHIBUYA-」から厳選した写真集も特別展示し、作家自身によるイベントも合わせて開催いたしますので、この機会にぜひご来場ください。

展覧会概要

展覧会名: 所幸則 One Second 2008-2012
開催期間: 平成24年10月26日(金)〜12月9日(日)
開催場所: 塩江美術館企画展示室
開館時間: 午前9時〜午後5時(入館は午後4時半まで)
入館料:  一般300円 大学生150円(常設展観覧料含む/団体は20名以上2割引)
      高校生以下、65才以上の方(長寿手帳等が必要)、障害者手帳等の保持者は無料
休館日:  月曜日
主催:   高松市塩江美術館
協賛:   株式会社シグマ
協力:   株式会社クレー・インク、株式会社コスモスインターナショナル 

所幸則展

作家略歴

所幸則略歴 

1961年高松市生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業後、上京しフリーのフォトグラファーとして活動。
1992年世界写真見本市「フォトキナ92」で「世界の新しい表現者」の日本代表として作品が選ばれる。2006年作品集『CHIAROSCURO 天使に至る系譜』を出版し、2007年より、モノクロームによる東京の渋谷のランドスケープを中心に新たに作家活動を始め、2008年に瞬間とは違った概念の時間軸を取り入れたOne Secondシリーズの制作を開始。2012年10月より、アートとして香川を写真で記録するプロジェクト、e-とぴあかがわ特別講座「アートフォトラボK」の講師を務める。

関連イベント

●所幸則アーティスト・トーク  
  10月28日(日)午後2時〜
 無料(ただし、入館料が必要となります) 
  先着80名(申込み不要)

 ※終了いたしました。


●ワークショップ「1秒で被写体になろう」  
  11月4日(日)午後1時〜3時
 参加者が実際に被写体として動き、所幸則氏の撮影を体験する講座です。
 定員:先着6組(家族・友人などのグループ)
 申込み:10月16日(火)8:30より電話受付 塩江美術館893−1800
 参加費:大人500円 大学生350円 高校生以下200円
     (展覧会観覧料含む、写真印刷には実費1枚200円必要)

 ※終了いたしました。


●所幸則氏の来館日は、11月25日(日)、12月1日(土)午後1時〜3時を予定しております。

塩江美術館ロゴ

〒761-1611 香川県高松市塩江町安原上 602
   TEL 087-893-1800  FAX 087-893-1833

↑このページの上へ