我が家の水がめづくり「巧水(たくみ)キャンペーン」

タメット

 近年、渇水が頻発する傾向にありますが、高松市では、これまで以上に市民の皆様に節水意識を高めていただくため、平成21年度から、節水に関する事業や啓発活動を総称して「我が家の水がめづくり」として取り組んでいます。

⇒高松市の水問題

 節水に対して、「水を使わない」という意識から、「未来に使える水を”つくる”」というプラスの発想に変えて、「我が家の水がめづくり」としています。
 昔から、高松は水に大変苦労してきた土地柄ですが、昔の人達は、ため池を造るなど、工夫して水の確保に努めてきました。
 先人達から引き継いできたこの貴重な水を、現代に生きる私たちは、未来の世代に引き継いでいかなければなりません。
 家庭や事業所で工夫して節水に取り組み、私たちの未来の世代が使える水をたくさんつくって、「我が家の水がめ」に溜めていきましょう!

※我が家の水がめづくりには、次の事業があります。


○雨水貯留タンクの助成制度(上下水道局のページへリンク)
○浄化槽転用の助成制度(上下水道局のページへリンク)
○雨水浸透施設の助成制度(上下水道局のページへリンク)
○大規模建築物の節水・循環型水利用計画書の提出
○水道週間(6月1日〜7日)関連行事
○節水ウィーク(8月1日〜7日)

キャンペーン事業

○「巧水(たくみ)キャンペーン2016」実施結果について
○「巧水(たくみ)キャンペーン2015」実施結果について
○「巧水(たくみ)キャンペーン2014」実施結果について
○「巧水(たくみ)キャンペーン2013」実施結果について
○「巧水(たくみ)キャンペーン2012」実施結果について
○「巧水(たくみ)キャンペーン2012」巧水スタイル推進事業所
○「節水キャンペーン2011」実施結果について
○「節水キャンペーン2010」節水取組推進事業所
○「節水キャンペーン2009」節水取組推進事業所
○節水キャラクターが決定しました!

↑このページの上へ